特定医療法人社団 慈藻会 平松記念病院

011-561-0708

札幌市中央区南22条西14丁目1番20号map

時計 診療受付時間 mail お問い合わせ

文字サイズ

院長コラム

2011-07-29

院長メッセージ(14)・少子高齢化社会について(9)

dokugo35先生曰く、友あり遠方より来るまた楽しからずや

去年、旅をしたときに、偶然一組の夫婦と話が弾み、心温まる時を過ごした。その後妻達はメール交換をしていたようだ。札幌にいくので、会いたいというメールが届いた。

一年ぶりでお会いしたが、昨日お別れして、今日再会したような雰囲気であった。その友は、新婚旅行で北海度を一周していて、思い出の地に新しい友が出来たので旧婚旅行を兼ねて立ち寄ったのだ。私は北海道に40年以上住んでいるが、稚内、知床半島、根室、襟裳岬、松前半島に行ってないことに気がついたが、還暦を過ぎてから来し方行く末を語り合える友が出来るという貴重な体験を喜んだ。

最近、高校の同窓会があり、出席をした。90歳代から20歳まで年齢を越えて、年月を超えて、同じ高校で「青春時代」を送った共通項だけで、不思議な安堵感と一体感を生み、愉しいひと時を過ごした。同期会なども、お互いに風貌が変わっていて、黄昏の出会いのように「誰そ彼」と戸惑う。しかし話が弾むにつれてお互いに青春時代の友に戻っていく。この心地よさは、お酒で酔ったせいばかりではないような気がする。

表題の先生とは中国の論語を著した孔子である。

【学んでは適当な時期におさらいをする、大変嬉しいことだ。】そのたびに理解が深まってお互いに、向上していくのだから。

【友達が遠い所からも訪ねて来る、大変楽しいことだ。】学び、経験したことについて語り合えるから。

【人に誤解されたとしても気にかけない、それこそ君子だ】何事も、人のせいにしないで、前向きに努力する人になるから。

学ぶことの大切さを述べている一説(学而編)にある言葉である。

近年、小中学校のいじめとか、高卒、大学卒の就職率の低下で悩む青少年が多いと新聞に載る。一方、家族においても、2010年度に全国児童相談所に寄せられた児童虐待の相談件数が5万5152件と、初めて5万件を超え、過去最多となりました。また定年後の生活は「楽隠居」にはほど遠く「定年うつ」という話も珍しいこととは言えない。

仕事に就いてからの友は、会社の合併・倒産があり、昨日の友は今日の敵のように人間関係がますます複雑になりつつある。老後もまた予期せぬ病気や出費があり、不安定である。学校で、共に遊び、共に学んだという当たり前のことが後年、とても貴重なことになることは、間違いない。そういうことからいうと、「いじめは、将来困ったときに必要とする友を失うに等しい。児童虐待は、将来困ったとき支えあう家族関係を断ち切るに等しい」といえるのではないか。

友達を大切にしよう!子どもを大切にしよう!

特定医療法人社団 慈藻会 平松記念病院

〒064-8536
札幌市中央区南22条西14丁目1番20号

市電「中央図書館」駅より徒歩1分(駐車場あり)

TEL:011-561-0708(代)

FAX:011-552-5710

外来診療(精神科・心療内科)

9:0011:30
(8:50~受付)
x
13:0015:00 × × ×

※睡眠専門外来の新患は水曜日と金曜日の午前のみです。

※土日診療は予約のある方のみの診療となっております。

※初診の方は予約制になっております

※休診:月曜午後、土曜午後、日曜、祝日

外来担当医表 睡眠外来担当医表